「マッドマックス・コンベンション主催反省記」

「マッドマックス:フュリオサ」公開記念、OFFセール!
2019年11月に開催された「マッドマックス・コンベンション2019」及び「ゾンフェスVol.1」。
そのイベント開催までのメイキングと、主催である私の反省を綴った同人誌。
B5サイズ、オールカラー、104ページ。

1980円→1000円


本書は、これからイベントを立ち上げようとする方に、反面教師の書として役立てばまず幸いです。
MMconがどうやって運営されていたか、不思議に感じていた皆様への回答もここにあります。
基本的にイベント舞台裏の具体的なノウハウと、私の反省文からなっており、マッドマックス関連の情報をお求めの方のニーズにはあまり合致しないかもしれません。

P2 イントロダクション
P5 準備編
P51 本番編
P90 付録 コンベンションに至る経緯
P102 あとがき

こちらPDFの冒頭13Pまでのサンプルです。

-Books

投稿日:

関連商品・記事

ショーグン・トルーパーズの世界

季刊シネマクラウド20は、『誰も知らないSF怪奇映画150』に続き、生成AIを用いたシリーズ第二弾。架空の玩具シリーズ『ショーグン・トルーパーズ』のラインナップ、その映像化作品、コンセプトアートを紹介 …

ロボプラ広告最終戦争 1983

季刊シネマクラウド17は、前作「プラモ広告大戦争 1978-1982編」の続刊となります。今回は1983年という1年にのみスポットを当てて、最もロボットプラモが熱かったあの頃を、当時の広告を中心に振り …

プラモ広告大戦争 1978-1982編

季刊シネマクラウド16は、あの一番熱かった頃のプラモデルシーンを、広告と共に回想する特集です。知らない世代にこそ時系列を知ってほしい、1978年から1982年頃にかけての、怒涛のキャラクタープラモのラ …

季刊シネマクラウド9 刑事映画クロニクル①興隆篇

刑事映画の栄枯盛衰を圧倒的情報量で綴る年代記シリーズ第一弾!1948年の「裸の町」から、1971年「フレンチ・コネクション」「ダーティハリー」の劇的な登場までを徹底解説。2023.3.25出荷分より新 …

ショーグン・トルーパーズの逆襲

季刊シネマクラウド21は、『実在しない架空AI玩具 ショーグン・トルーパーズの世界』に続き、生成AIを用いたシリーズ第三弾。『ショーグン・トルーパーズの逆襲』です。前号で紹介した生成AIによる架空玩具 …