「俺MAXコンテスト2」の企画の一環として、私もバイクを世紀末仕様にしてみようと思い立ちました。

ベースはMYバイクのTRX850。
フューリーロードでもヤマハ車を多く使用していたので、まあなんとか許してください。
昨年の2016コンベンションのプロモ企画、インターセプターツーリングではなんちゃってMAXバイク仕様にしましたが、付け焼き刃感ハンパなく、ちょっと恥ずかしかったですw

という事で、今年はやれるだけやってみよう!でも自分じゃできないので、お馴染みファニーズ・カスタム・サービスさんにお願いしてみました。

ファニーズさんはグース仕様のAPE用キットはじめ、あのプロト・モスピーダ制作にも関わったり、派手な造作物を作り起こした個人カスタムにも対応したり実に守備範囲が広いので、今回のような私のオーダーに全対応してくれます。
イメージとしては昨年のなんちゃって仕様同様、フューリーロードでマックスが乗る砂漠仕様バイク。右がおそらく撮影前の状態で、左が現場で手を加えた状態だと思われます。
まあ、ここまで持っていくのは無理として、雰囲気だけは近づけたく思います。

で、今回のカスタムの肝はまずはスイングアーム延長!w
※ここは予想以上に複雑な溶接作業だったので、外注になったようです。

仕事が早い。TRXを預けてすぐにこの状態になりました!
シートは本編同様、乗馬の鞍を中古で入手してみました。長時間座ってられない予感もありますがw

カウルもなくなり、フロントもすっきり。ライトはBAJAのものを流用するのはどうだろう?と思ってとりあえず入手してみました。うーん、思案のしどころですね。

ただ、短期間でいい感じなりました。フロント周りはイメージはぼやっと伝えものの、ほぼファニーズさんのセンスで処理。フロントフェンダーもいいんじゃないでしょうか。
もちろんフィニッシュでオフタイヤを履きます。
このTRX、最近すっかり長距離乗らなくなってしまったので、街乗りでそこそこ快適なものになってくれれば言うことなしです。コンベンション関係なしに楽しみでしょうがないです。
もはや新車を買う時の気分ですね、これは。

という訳でファニーズさんの元で始動したTRX改造計画。以後も報告いたします。

皆さんも世紀末テイストバイクでコンベンションに参加しませんか?!

※企画協力
ファニーズカスタムサービス