3/12 福岡トークライブ「マッドマックス40年史」

<3/12 福岡トークライブ「マッドマックス40年史」>

いよいよ迫ってまいりました3/12の福岡トークライブ。

で、今まで東京、神戸、長野で持ちネタとしてやってきました「マッドマックス◯◯年史」シリーズ。そもそも一体それって何?と思われる方もいると思うので、あらためて概要を。

マッドマックスは1作目のクランクインが1977年。そこから色々あって今日まで、途切れる事なく熱いムーブメントが続いています。いや正直、「フューリーロード」公開前までは「俺たちもいよいよネタ切れだなぁ〜」ってムード満載で、少なくとも我々仲間内に関してはマッドマックスの話題を口にする事すら減ってきていたというのが正直なところ。

「フューリーロード」の公開で一気にネタが増え、心配とは裏腹に多くの古参ファンも映画本編を激烈に気に入り、新しいファン層が拡大したというのは、他ジャンルに比べてマッドマックス界の恵まれたところです。

で、1977年から2017年の40年間。シリーズの歴史と、日本国内でのファンムーブメントの変遷がどうだったのか?をざっと説明するのが趣旨です。大まかに以下のような流れでトークライブを行います。

①1977年〜 伝説の誕生、本編のクランクイン時の状況

今となれば当時のキャスト・スタッフともつながりが生まれ、メイキングドキュメントも製作され、ようやく「マッドマックス」(79)という作品がどういう経緯で誕生したのか輪郭が見えてきました。
基本的なところは一昨年、DVD特典として発表されたドキュメント「MADNESS OF MAX」を参照していただくとして、当方の持ち得る「これは!」というウンチクを提示したく思います。

②1979年〜 日本公開編

無名スタッフによるオーストラリア映画「マッドマックス」。当時その宣伝に携わった方に取材。様々な逸話や公開時の反響など、日本国内における伝説誕生の瞬間について。

③1882年〜 「2」の更なる衝撃

「マッドマックス2」を唯一取材した日本のTVクルーの業績。カルト化した「2」の亜流量産の時代の到来など、マッドマックス・シリーズの新たなるフェイズ!

③80年代後半 日本におけるガラパゴス進化!

シリーズ3作目「サンダードーム」公開から落ち着きを見せるかに見えたマッドマックス・ムーブメント。だがしかし、バイク方面で密かに異変が起こっていた!
路上戦士たちのプロテクター文化「バトル系」とは一体何?

④90年代 バイク業界に根付くMMリスペクト

バイク雑誌企画によるロケ地ツアーの開催、レプリカバイクの発売などエスカレートする一部ファンの熱量!

⑤ゼロ年代 ファン活動の勃興

ネット時代の到来により国内ファンたちの交流が本格的にはじまり、海外情報も入手できるようになって、ファン活動もあらたなるフェイズへ。
その一報、着実に企画が形になっていく「マッドマックス4」!

⑥2011年〜2015年 フューリーロードの誕生

徐々に具体化し、日々進行状況が海外から伝わってくる最新作に関する情報。そして撮影延期、追加撮影etc…。一方、ファンたちによる一作目のロケ地めぐりを通じて本国の「マッドマックス」関係者とのパイプが生まれ、遂にゲストを招いての日本版ファンミーティング「マッドマックス・コンベンション」スタート!
そして公開された「フューリーロード」がまさかの超傑作だった!

⑦2015年6月〜 新たなるファン層の拡大

「フューリーロード」が映画ファンの間で猛烈にブレイクするという誰も予想できなかった超展開。極爆上映、絶叫上映など、かつてない盛り上がりを見せるマッドマックス。そして迎えた運命のアカデミー賞から、「ブラック&クローム・エディション」のリリース! 果たしてマッドマックスはどこへ行くのか?!

というような感じで、持てる資料をぶち込んで解説したいと思います。これまで4回やってきましたが、今回はもちろん決定版となるでしょう。
乞うご期待ください!

参加枠、かなり余裕ありますので、Twitter経由のメッセージやメールでも申込み大丈夫です。当日飛び入り来場も可です。

10 comments

  1. ピンバック: buy ciprofloxacin
  2. ピンバック: viagra 100mg
  3. ピンバック: naltrzone online

Comments are closed.