7/3、インターセプター・ツーリング報告

マッドマックス・コンベンション2016の前哨戦企画「インターセプター・ツーリング」。

コンベンション本番を控えた二週間前に何やってんだよ?と思われる向きもあるかと思いますが、MMコン告知ができるようなイベントもこの時期ほとんどなく、もう自分で新規にイベントを発生させるしかない、という崖っぷち企画でした。

何より、MMコンの告知をするために別途イベントを組み、それの告知活動をするという二段構えシフトが、自分的には凄い攻めの姿勢っぽくて良いなぁと思った部分もあります。

まずは賛同してインターセプター出動を快諾してくれた蔵本氏に感謝です。

で、まあ身内メインで、インターセプターと走ればちょっと目立つだろうという凄くイージーな考えの元、さくっと内容を作って企画スタート。

そして迎えた7/3当日。走行開始の一時間前に守谷SAに着いてみれば…
 

 

もうとんでもない事になっておりました。
想定を遥かに超える参加台数。40〜50台はいる感じですね。
あと写真を撮りきれなかったのですが、種種雑多な四輪も20台くらいは。

マッドマックス界隈でこういう規模の集まりというのはなかなかある事ではありません。
自分らの音頭でこういう事になるというのは嬉しい限りではありますが、今日は俺、無事に家に帰れるのか? しかも猛暑。不安しかありません。

まあそうは言っても言い出しっぺですから、やることはキッチリやらねばなりません。
まずはこの大軍団で50kmほど離れた次の友部SAへ出発です!
最後尾を確認して出発した仲間曰く、全部出るのに15分ほどかかっていたとか。
やっぱ台数多いと、色々大変!

って、走行している時の画像は手元にありません。
もしカムなどで撮影した方いらっしゃったら、是非ご提供よろしくお願いいたします!

自分はペースメーカーとして先頭で出発したのですが、バックミラー越しに見えるのは、延々遠くまで続くヘッドライトの列ですよ。これ、列の後ろから観たかったですね。
サイドカーも混ざっていたので、まさに「マッドストーン」的光景だったとか。

で、そんな長大な一列縦隊をインターセプターがゆっくりを追い越してくれます。
自分は「なかなか来ないなぁ〜」と怪訝に思っていたのですが、かなり長い列をじっくり追い抜きながらですから、そりゃ時間かかりますわな。
そして出発して15分後くらいだったように思いますが、ようやくバックミラーにインターセプターが。

やっぱりこの光景は良いもんですね。自分はバイクでマッドマックスな集まりに合流する機会が皆無に等しいので、車両は見慣れているものの、やっぱり嬉しいもんです。

で、あっという間に次の友部SAに到着。
あれ、友部待ちしてる車両も予想よりたくさんいて、台数ぐっと増量する事に!

 

ここで二輪の数を数えたら60台くらいですね。とんでもないですね。
最初は大洗のライダースカフェでお食事、なんて事を言ってたのですが、無理です無理。
急遽予定を変更して、大人数でも駐車できるパーキングを目的地に変更し、地元の方の先導で友部SAを出発します。

しかし当初と違う目的地。しかも下道に降りたら信号で分断されてしまい、もう何がなんだか…みんなバラバラという状況に陥り、まあそこもなんとか解決し、13時くらいに主だった参加者たちは大洗着でした。いや、こういう時のためにプランBって必要ですね。痛感です。

しかし大洗海岸に来たけど、ガルパンどころじゃねーよ!

マ ッ ド マ ッ ク ス !

自分のバイクとインターセプターのツーショットを撮影タイム。
炎天下の中でも皆さん元気です。

一部混乱ありまして大変申し訳なかったですし、参加台数が増えすぎてインターセプターが横を通り過ぎるのも2回だけ、という寂しい事になってしまいました。
参加された皆さんが楽しんでくれていれば幸いなのですが。

しかしグースレプリカ系、最新バイク、トライク、サイドカー、ヒャッハー系、旧車會系?など、種種雑多なジャンルが入り混じったカオスな集団走行でした。
それを繋ぐマッドマックスやインターセプターが持つ魅力、その懐の深さ、あらためて凄えなぁ〜と感動した次第です。

最後の記念撮影の参加者少なめですが、ともあれご参加いただいた皆さん、協力してくれた仲間たち、ありがとうございました!
とても良いプロモーションになりましたし、それ以上に新たな人たちとの出会いは大変楽しかったです。

 

今回のために、緊急デコレーションを行ったTRXババリーニ号も無事走りきりました。
これで筑波もパレードランも参加したいもんですが、無理だなぁ〜。

では皆さん、7/17は筑波サーキットでお会いしましょう!