アルミジッパー装備!お買い得、中東仕様のデッドストック新品!
「M65風フィールドジャケット」

スリーブガン「びっくるくん」を装着して「タクシードライバー」ごっこをするなら、やっぱりM65フィールドジャケットが必須。機能性、汎用性、拡張性に富んだ米軍の傑作フィールドジャケット。その2ndモデルを主人公トラヴィスが劇中に着用していました。近年はアパレルブランド各社がM65をモチーフに復刻やらアレンジモデルのリリースを繰り替えし、もはやアパレルの世界では“M65もの”というジャンルがあるといっても過言ではないくらいの人気ぶり。

アパレルメーカーによる企画品やこだわり復刻版と違い、このジャケットはあくまで現場仕様。の割には現物のM65よりもライトな生地・縫製から出来ており、結果的には我々一般市民が普段着として着用するのにちょうどいいウエイトのジャケットになってます。


 現物と並べてしまうと、うーん、ペラいなぁ…ってのが率直な感想ですが、むしろそれがいい!で、このジャケットの一番のウリは、「タクドラ」の2ndモデル同様、アルミジッパーを使用しているところ。新品でこの仕様は珍しいです。やっぱりアルミのシルバーが放つ乾いた輝きは、このタイプのジャケットに特別な表情を与えてくれます。

 という訳で、この謎めいたM65風ジャケットの流出品。ミリタリースペックのはずがどうも頼りなく、さりとてアパレルブランド企画のなんちゃって系でもない、実に絶妙な立ち位置のアイテムなのですが、やはり店主が個人的に推したいポイントは、これがあくまで“現場用の作業着”として作られた事です。またお値段も手頃という事で、パッチ・ワッペン、バッジなど自分で俺仕様M65のベースにおススメです。

● かなり大きめに設定されたジャケットです。スリムな人なら、身長180cm前後でもSサイズで十分いけます
●新品デッドストックの払い下げ品です。ご購入後は一度洗濯の上、シワ取りされる事をおすすめします。
●タグ、生産地表記、洗濯ネームなどはついておりません。ご了承ください。


  XS S M サイズ選び補足 標準体型 恰幅がいい タイト派
肩幅 46 50 52 〜165cm XS S XS

袖丈

59 60 63

165〜175cm

S M XS
着丈 72 74 77 175〜180cm M L S
180cm以上 L

L、XL

M、L

↓ 
M65風フィールドジャケット ¥9,720

オプション
M65フィールドジャケット用フード ¥2940

M65に取り付けられるデッドストック品フードが若干入荷しました。↑のM65風フィールドジャケットにもばっちり適合します。ファー部分には針金が入り、任意の形状を保持。首周りを完全防護する事で、かなりの防寒性能を発揮する、現場が生んだ高コストパフォーマンスな防寒アイテム。特に真冬のライダーにはオススメ!



ディテール詳細/画像クリックで拡大


ジッパーはフロント、襟部、ともにアルミ製。一番のチャームポイント 内側。防寒用ライナー用のボタンがついていますが、純正M65用ライナーとは取付間隔が異なっています 襟のジッパーの中には、お約束の簡易フードが収納されています。

ウエストと裾用のしぼり紐もちゃんと装備。基本、純正M65と同じ作りです。 袖口もオリジナル同様の風よけフラップ付き 着脱可能のライナー。長袖ではなくベストっていうのがユニークで、しかも意外と暖かいので重宝します。

左がM65現物(3rdモデル)、手前が本アイテム。色味が草色ではなく濃いめのODってところも何気にナイス。 純正M65用防寒フードはボタン穴もばっちり適合し、取付可能。 襟部分での生地厚比較。下がオリジナルM65。軽めに作られているのが一目瞭然。同サイズでトータル200gの差異があります。



←BACK
 

(C) MacLeod Dinkum Gear/tomokiyodo All Rights Reserved.